スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月26日(土) 中日ドラゴンズVS阪神タイガーズ

一昨日はエース川上で望んだにもかかわらず、
満塁ホームランを打たれるなどしてノックアウトされた。
強竜打線も完全に抑えられてしまった。

タイガースの勢いをなんとかはじき飛ばしたい。

そして昨日は中日、先発中田を立てて望んだ。
7回を2失点、被安打4と先発の役割を果たしたが、打線が沈黙だった。
下柳とJFKから1点も取れずに終わった。

今日は不調の4番ウッズをスタメンから外す選択をした。
しかし、特効薬にはならなかった。

どうしてこんなに点がとれないのか。

今のドラゴンズの打線が不調なのか?
阪神の投手陣が好調すぎるのか?

まあ両方である。

こんな調子でやっていては本当に3位以内も入れるかわからない。
クライマックスシリーズにすら参加できないことになってしまうかもしれない。

今後は現在4位ヤクルトとの直接対決で勝ち越していく必要がある。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。