スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックで成長した森野

北京オリンピックでは
自分の本来の力をほとんど出せずに終わってしまった森野。
日本代表の中軸、3番の役目を果たすことが出来なかった。

しかし、森野はこの北京で何も得ずに戻ってきたわけではなかった。
厳しい状況で経験を積み、一回り大きくなって戻ってきた。
そう、レベルアップして戻ってきたのだ!

そしてドラゴンズの1番として驚異的な活躍を見せた。
ホームランがバンバン出る。
試合開始早々ヒットで出塁!チャンスを作る。
そして相手にプレッシャーを与える。
そして2番荒木とつながっていく。

明らかに以前よりまた一段とうまくなっている。
彼が打席に立つと、以前より大きく見えるのは気のせいか?
存在が大きくなったことの証。
(北京でたくさん食べて大きくなったわけじゃない笑)

北京の厳しい舞台を経験したことで、今までよりも打席で余裕が生まれた。
日本を背負い、あの緊張感の中でやってきた戦い。
これは彼にとって非常に大きな財産となっている。

そして今日は4番にはじめて座った。
そしてしっかり役目を果たした。
これからドラゴンズを支えていくのは間違いなく彼である。





コメントの投稿

非公開コメント

実に頼もしいです!!

北京五輪は、森野選手にとって
実に貴重な経験になりましたね。
以前よりも、表情に厳しさが
増してきたようにも思います。

打率が高く、長打もあって勝負強い。
4番にふさわしい資質を持っていますね!

ドライチさん☆

ほんと彼は4番にふさわしいですね!
これに負けずウッズにも頑張ってほしいんですけどね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。