スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年開幕戦、吉見敗戦投手

9回、井端の止めたバットにボールが当たってしまい、セカンドゴロで試合終了;
名古屋ドームの中日ドラゴンズサポーターから一斉にため息。

なんとも不安になってしまう開幕戦でしたね。
はたしてセリーグ優勝、、いや、優勝争いできるのか?とまで思ってしまうような試合。
もちろん広島の前田健太投手のすばらしい好投もあったのは事実だが。。

正直言って、今年はジャイアンツ以外のチームでは戦力差がかなり縮んでいると思う。
ドラゴンズは中継ぎ、投手力では1枚2枚上をゆくが、野手は他チームとそれほど変わらない。

横浜も阪神もかなり打線が強力になっている。

一歩間違えれば思ってもない順位に。。
悪夢を見る可能性もありうる。

さて、今年カギを握るのはドラゴンズの1、2番の成績。
荒木、セサルの活躍だ。

荒木は怪我なのでしばらくは(藤井、大島)セサルのコンビとなるだろう。
今日のセサルは攻守とも最悪でいいところなしとなってしまったがまだまだ始まったばかり。
(すでにイビョンギュ2世との呼び声が。。)

最後に今年のドラゴンズのベスト布陣を私的に書いておきます。

1、藤井
2、セサル
3、森野
4、ブランコ
5、和田
6、井端
7、谷繁
8、ピッチャー
9、荒木

ということでどうしても9番荒木が見たいな。。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。