スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落合監督は岩瀬を信頼していなかったのか。。

残念ですが、現実を受け止めなければいけませんね。
これが今年の中日ドラゴンズとジャイアンツの差なんです。
どうしても力が及びません。
最後の一歩で。

荒木が今日は良く頑張った。
正直、あのスライディングは感動を与えてくれた。

あれだけのプレーを見せたにも関わらず、
チームが勢いに乗れないとはどういうことか。

それだけ巨人のほうがさらに上をいっている。
戦力的に。。


ドラゴンズの今年に終止符が打たれようとしている。
クライマックスシリーズが終わりを迎えようとしている明日。
セリーグも、パリーグも。。

落合監督の気持ちとしては、
最悪昨日今日で1勝1敗で行く予定だったはず。

だって中4日でチームの2枚エース、
チェンと吉見を登板させてきたのだから。

それにもかかわらず、結果は2連敗。

となると打つ手はもうない。
これには落合監督の焦りが見えたね。

間に朝倉を挟んで中5日で充分に間を空けて、
チェンと吉見を登板させても良かったのでは?というのが結果論。

それから今日の継投が疑問。
浅尾は明らかに内容の悪い投球をしていることがわかっていた。

球がばらつき、ストライクが入らない。
その状況に、谷繁、森野、荒木、井端までもがマウンドにかけより声をかけていた。

こんなに次々に選手達がマウンドへ
声をかけにいった状況、見たことありますか?


誰が見ても、今日の浅尾は危険すぎる。
いつ逆転されてもおかしくない。


そう思える状況、そして雰囲気だった。
なのになぜ変えない?落合監督。

今日の本当の敗戦は、

原監督のの采配 VS 落合監督の采配
これで負けたこと。


原監督は早め早めに手を打った。
しかし落合監督は大事な一手を打てなかった。

岩瀬で打たれたら仕方がない。

そう言葉を発しているのなら、
この試合、8回に浅尾から岩瀬に変えてもぜんぜん良かったわけだ。

落合監督は実は岩瀬を
絶対的には信頼していない。


そう思われても当然だ。

岩瀬の調子が悪い?
冗談じゃあない。


それでも中日ドラゴンズの守護神は岩瀬でしょ?

今日の試合から、
落合監督の岩瀬に対する信頼は・・↓
ということが垣間見られた残念な試合となった。
スポンサーサイト

クライマックスシリーズ第2戦 VSヤクルトスワローズ

いやあ、正直なところかなり危なかったですね。。
ヒヤヒヤでたまりませんでした。

それでも吉見の粘りのピッチング、
最後は守護神岩瀬が締めくくって3-2で逃げ切った。

今日、中日ドラゴンズは勝ったということ。
これだけです、これで充分なんですね。

勝たなきゃ先がありませんから、結果がすべてなんです。

さあ、このままで終わってしまうなんて考えられない。
きっとドラゴンズファンは皆そう思っているはず!!

明日も勝利を!応援しましょう!!

先発の層の厚さを考えれば、
ヤクルトは2枚看板を使い切っているので苦しいでしょう。

ドラゴンズは朝倉、中田、小笠原、川井と候補はそろってます。

明日の先発予想、
経験がある朝倉かな!?

楽天イーグルスにはかなわない!?

パリーグクライマックスシリーズがセリーグよりも一歩早く始まったが、
野村監督率いる注目の楽天イーグルスが初戦を勝利した。
やはりエース岩隈の力強さを感じたね。

絶対的な信頼感
自信溢れる投球
本人の持つオーラ


これを見てしまうと、
今の中日ドラゴンズにエースはいないな・・と思ってしまう。

日本ハムのエース=ダルビッシュ
ソフトバンクのエース=杉内
横浜のエース=三浦


このようにすぐに思い浮かぶ選手こそエースなのである。

ドラゴンズだって吉見、チェンがいるじゃないか!!
と思うかもしれないが、まだ何かが足りない。
あと一歩のように感じる。

それは何か?
やっぱり経験だろう。

WBCで投げたとか、
日本シリーズで投げた経験。
2年連続で2桁勝つなど。。

そういう意味では中日ドラゴンズの二人はまだ準エースといったところだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。