スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前で威圧する、アライバの存在

まさか首位ジャイアンツとこの時期にここまで差を詰めるとは思わなかった。
わずか2、5ゲーム差まで近づいた、射程圏内だ。

これもやはり中日ドラゴンズ、「アライバ」の効果が抜群に効いている。
荒木と井端が出塁する、それだけ相手ピッチャーへの心理的効果は凄まじい。
突然崩れさせてしまう威圧力笑

盗塁を気にする。
ヒットエンドランを気にする。
打者に集中できない。


この後は森野・ブランコ・和田と続き、逃げる余地なし!
アライバの荒木、井端で最悪どちらかでも塁にでてくれればチームは波に乗る。

そして守備でも最強の2遊間。
中日ドラゴンズはやっぱりまずは守備。
そしてその中心を担うのはアライバ。
先発投手の好調を縁の下の力持ちとして、支え続ける。

スポンサーサイト

忘れかけた存在、谷繁元信

さあ、次はキャッチャーの谷繁、そしてピッチャーだからこの回は大丈夫!
きっとジャイアンツの選手たち、ベンチは皆そう思ったに違いない。
しかし、、、それは単なる勘違いであった。

谷繁の完璧な2ランホームラン!!

誰もが忘れかけていた。
本人すら忘れていた(笑)
そう、かつてホームランバッターであった存在を。

それを再び思い出させた。
内海をどん底に突き落とす、効果的な一発。

打率は2割を切る。
だがチャンスにはまだまだ強いし大事なときに打ってくれる。

満塁に強い谷繁

今度は満塁ホームランを期待している。

中日ドラゴンズ絶好調の3つの理由【投手編】

交流戦、そしてリーグ再開後、現在連勝し続け、
貯金を着実に積み重ねている好調中日ドラゴンズ。
なぜこれほどまでに調子が上向きなのか。
その要因を探っていく。

若きエース、吉見の登場

まだエースと呼ばれるには早すぎる。
そのような意見もあるかもしれないが、
実際、今年の活躍ぶりをみればエースなのだから仕方がない笑

ありえないほどの安定感、防御率。
今日は吉見だから負けられない。
チームにそんな雰囲気をもたらすまでになった。

セットアッパー浅尾の存在

開幕当初は先発として任されていた浅尾拓也。
しかし、チーム事情、本人の適正からして
去年のポジション、セットアッパーを任された。

岩瀬へつなぐ大事な位置。
まだまだ絶対的とは言えないまでも、やはり心強い。
中継ぎの層が一気に増した。

今年のニューヒーロー、川井のブレイク

毎年新たな顔が出てきて、チームに貢献する者が現れる。
今年はそれは投手の川井。

現在無傷の7勝。
勝ち星に恵まれているだけなどとも言われるが、
実際本人の丁寧なピッチング、大崩れしない安定感があっての結果。
もはやチームに欠かせない存在だ。

投手が安定していればやはり強い。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。