スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力の差を見せつけられ今年を終える

ことごとく力の差と言うものを見せつけられた試合。
確かに差がありすぎていることは明らかだった。
でもそれでも応援したくなってしまう。

それは中日ドラゴンズが粘る戦いをしたからである。
厳しくても必死に立ち向かっていった、そして相手を苦しめた。
よくやりました。

リーグ3位だったにもかかわらず、
リーグ2位の阪神タイガーズを破った。
これだけでも楽しませてくれた。

そして巨人戦も、引き分けまで粘ったり、
同点に追いついたりとしつこさはすごく出ていた。

今回の敗因は何かと考えたとき、
それは明らかに打線の力の差ではある。
お金を出して獲得しまくった相手巨人と戦うのは荷が重すぎた。
だからこそ先制点を取り、守り勝つ野球をしたかったがそれができなかった。

最後に、こんなこといってもなんにもならないがムカついたので言う。
ジャイアンツは金で勝っただけ!
育てた選手中心で戦ってみろ!この卑怯者!!


スポンサーサイト

中日ドラゴンズ:川上先発も引き分け

今日はエース川上を立てて、負けられない、
なんとしても勝たなければと勝負にきたドラゴンズ。
しかし、イスンヨプにホームランを打たれるなどして5失点で交代。

途中まで最高のピッチングだっただけに悔やまれる。
けれどその後のリリーフ陣が踏ん張り、
そしてウッズのソロホームラン、谷繁の同点タイムリーで追いつく。
試合は延長に入り、ドラゴンズは見せ場を作るも点が取れず手痛い引き分け。
これでジャイアンツに王手をかけられ、もう後がなくなった。

でも良く頑張ってくれた。
まさかあそこまで粘るとは思わなかった。
やはり底力ははかりしれないドラゴンズ。

ただ、中村紀の怪我は心配。
あの粘りがクルーンのデッドボールを生み、同点へのきっかけを作った。
明日は大丈夫なのか!?

途中から出場したヒデノリも1安打。
勝負どころでのバッティングは目を見張るものがある。
今日は最後のチャンスでは打てなかったが、
数年前の頃よりバッティングがだいぶうまくなっている。

さて、明日はチェンが先発だろう。
彼は調子にのれば、相手を封じ込めるだけの力をもっている。
なんとか望みをつないでほしい。

今日最後に落合監督が朝倉を登板させたが、
あれはおそらく、明日明後日ドラゴンズが連勝したときに、
その次に朝倉をもってくるための調整ではないか!?と感じさせた。

とにかく、最後まであきらめず頑張ってほしい。

巨人に勝利で並ぶ!

ファンにはたまらない毎日が続いています。
阪神との死闘を制し、今日から巨人との戦い。

ジャイアンツはリーグ優勝としてハンデ1勝があったが、
今日中日ドラゴンズが勝ち、並んだ。
ドラゴンズにとって今日の勝利は非常に大きな意味をもつ1勝。
正直言って、今日負ければハンデを考えれば非常に苦しくなっていただろう。

しかし、粘りに粘って最後は中村紀洋!
やはり今年もこの男!!

やっぱり勝負強い。
ここ一番でのバッティングが素晴らしい。
今日の中村紀はチャンスに2度活かせなかった。
でも最後に貴重な仕事をしてくれた。

そして8回の井端の守備は光った。
怪我で、状態が万全でもないにもかかわらず、さすがのプレイ。
あのゲッツーがなければ失点し、負けパターンにもっていかれていただろう。

阪神戦では守備でらしくないミスがあり心配したが、
今日のプレーを見れば大丈夫そうだ。

山本昌もよく頑張った。
よくゲームを作ってくれた。
これでハンデを打ち消した。
明日勝って連勝すれば勢いは凄まじいのだが先発は誰だ!?

私の予想、
明日のドラゴンズ先発は
小笠原孝

中日ドラゴンズ:いざクライマックスシリーズへ!

一時はリーグ4位に後退し、クライマックスシリーズ進出の危機もあった。
しかし終わってみれば、最後は主力選手を温存できる余裕があった。
なんだかんだいってもやはりドラゴンズには底力があった。

さて、もうすぐセリーグもクライマックスシリーズが開幕する。
まずは阪神との戦い。
阪神も最後巨人に逆転され、選手たちも終盤は調子が全体的に下降気味。
特に新井が絶不調、金本もイマイチである。
しかしながらリベンジへの意欲が短期決戦に発揮されれば恐ろしい。

そしてドラゴンズの鍵を握るのは先発投手だろう。
先発陣がゲームを作ることができるか。
打線はそんなに心配するほどでもないだろう。

今のところ私が見て、計算できる先発は
川上・チェン

このふたり。
このふたりは状態が相当良い。
この次に山本昌。
その次は・・・山井!?

今年もまたこの時期に山井が登場か!?
この短期決戦のために1年調整していた!??

今年もサプライズがあるか。

エース川上!!

10月に突入した。
ここにきて広島がまた調子を落とし始めている。
ドラゴンズとしてはこのうちに一気につきはなし、3位に余裕を持ってたちたい。

そして10月1日、川上が先発として戻ってきた。
オリンピック後はこれが2試合目。
前回は途中から登板し、3回をきっちり抑え勝利投手に。

そして今日は先発。
6回無失点

奪三振こそ少なかったものの、完璧なピッチングだった。
さすがエース!

それに打線もこたえ、3-1で勝利。
ドラゴンズの低迷の要因はいくつかあるが、
オリンピック後のエース不在での戦いは、さらに拍車をかけた要因。

これでやっと先が明るくなってきたような気がする。
井端も故障から帰ってきて、打線のほうはベストメンバーが揃った。
状態こそ開幕時より悪いが、やっとベストが揃った。

これからラストスパートだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。