スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井端がもうすぐ帰ってくる!?

クライマックスシリーズ、もしかしたら井端選手が戻ってくるかもしれません。
現在2軍のファームの試合で出場して調整中。
しっかりヒットも打ってます。

スタメンは微妙だとしても、
ベンチ入り、代打での出場は十分考えられるのではないでしょうか?

今年は去年の立浪選手のような絶対的代打の切り札がいませんし、
CSシリーズのような短期決戦では均衡したゲーム展開となり、
一振りで試合が決まる可能性もありますからね。

井端選手がいれば、
状況がかなり変わってくるでしょう。
やっぱり中日ドラゴンズはアライバですから笑

ところで話は早いけど、来年のスタメンは、
セカンド井端、ショート荒木、サードが堂上直倫、
ファーストにブランコでセンター森野って落合監督は考えそうじゃないかな。
スポンサーサイト

名前で威圧する、アライバの存在

まさか首位ジャイアンツとこの時期にここまで差を詰めるとは思わなかった。
わずか2、5ゲーム差まで近づいた、射程圏内だ。

これもやはり中日ドラゴンズ、「アライバ」の効果が抜群に効いている。
荒木と井端が出塁する、それだけ相手ピッチャーへの心理的効果は凄まじい。
突然崩れさせてしまう威圧力笑

盗塁を気にする。
ヒットエンドランを気にする。
打者に集中できない。


この後は森野・ブランコ・和田と続き、逃げる余地なし!
アライバの荒木、井端で最悪どちらかでも塁にでてくれればチームは波に乗る。

そして守備でも最強の2遊間。
中日ドラゴンズはやっぱりまずは守備。
そしてその中心を担うのはアライバ。
先発投手の好調を縁の下の力持ちとして、支え続ける。

来期アライバの活躍不可欠

荒木井端といったら中日ドラゴンズ。
それだけチームの顔ともいえるまでになった2選手。
ウッズや中村紀らが抜けることになる来期は、アライバに更なる活躍が期待される。

今年は二人ともイマイチの出来だったと思っているだろう。
怪我や北京五輪などがあった。

特にバッティング面では不本意な年になった。
守備はゴールデングラブ賞をとるなど問題はなかった。
来期は3割を目指してほしい。

特に荒木には頑張ってほしい。
まさかの打率を残してしまった今期。
本当の実力からすれば明らかに低すぎる。
攻走守すべてそろったオールラウンド選手であることを証明してほしい。

来期のドラゴンズはメンバーがけっこう変わると思う。
そして、戦力は可能性としては無限大だが、
やはり今年より厳しいと思う。

もちろん若手が伸びれば超えることも可能。
けれどアライバふたりの活躍なしに優勝はできないと思う。
それだけ二人の存在はチームに与える影響が大きいということ。

これからも二人はチームを引っ張る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。